2016年05月23日

産経新聞にツバメのフン受けの記事が載りました

滋賀県の道の駅あじかまの里で利用していただいているツバメのフン受けのことが、産経新聞の滋賀県版に掲載されました。


紙面だと写真もあるのですが、Webは載ってないので、ちょっと残念。

ツバメのフン受けは4年前から配付を始めていますが、これまでに約50カ所の道の駅でお使いいただいています。
高速道路のサービスエリアでも使っていただいているところがあるので、ドライブのときに見つけてみて下さい。


posted by ツバメネット管理人 at 13:34| Comment(1) | ツバメのフン受け

2017年03月21日

2017年版ツバメの糞受け、できました!

2017年版ツバメの糞受けが刷り上がりました! 今年も小川美奈子さんに、かわいいツバメさんのイラストを描いてもらって、
株式会社シーアイシー様のご支援で印刷することができました。
ホームページで配布しますので、準備ができるまで、もうしばらくお待ち下さい。

IMG_0873.JPG
posted by ツバメネット管理人 at 12:04| Comment(4) | ツバメのフン受け

2017年04月18日

ツバメのフン受け、京王電鉄の駅で

東京都西部と神奈川県北部を走る京王電鉄がバードリサーチの活動に賛同して下さり、ツバメが巣作りした駅にツバメのフン受けを取り付けてもらえることになりました。京王電鉄の駅舎で巣を作っているツバメを見つけたら、ぜひ教えて下さいね!

ツバメのフン受けは、こちらのサイトで一般にも配付しています。送料250円でお送りしていますが、お気持ちで結構ですので、ご寄付もいただけると、ありがたいです。

キャプチャ11.JPG
posted by ツバメネット管理人 at 14:49| Comment(0) | ツバメのフン受け

2018年03月26日

私の家の最寄り駅にツバメのフン受け登場

わたしは東京の日野市というところに住んでいて、最寄りが京王電鉄の高幡不動駅なのですが、昨日の朝、駅のそばで今年初めて、空からツバメの鳴き声が聞こえました。そのときは気づかなかったのですが、夜になって帰ってきたら、駅ビルにバードリサーチのツバメのフン受けを付けてくれているのです。昨年、京王線全線でツバメの巣の下に設置していたフン受けの残りを、ここに付けていただいたようです。高幡不動の駅ビルにある古巣ぜんぶ、七カ所にありました。古巣から30cm以上離して設置していただいているので、今年やって来るツバメたちも気にしないでしょう。
駅前.JPG

3F.JPG

2018年のツバメフン受けが、いよいよ本日、バードリサーチの事務所に到着します。またあとで、ブログに載せますね!

posted by ツバメネット管理人 at 00:37| Comment(1) | ツバメのフン受け

2018年のツバメフン受け、できました!

今日届いた、できたてホヤホヤです。

フン受け.JPG

続きを読む
posted by ツバメネット管理人 at 16:43| Comment(2) | ツバメのフン受け

2018年04月24日

私のご近所のツバメのフン受け

バードリサーチではツバメのフン受けを配布しています。今年も関東各地の高速道路サービスエリア、京王電鉄の駅、各地の道の駅、バードリサーチにお申し込みいただいた皆様のお宅や職場、それから支援してくださっている株式会社シー・アイ・シーから配布していただいた全国のさまざまな場所でご利用いただいています。

私自身も、ご近所でツバメのフン受けを見かけて、こんなところで使って下さっているんだと、うれしくなることがあります。

この写真は、私の住まいの最寄り駅、京王線高幡不動駅そばのショッピングセンターです。フン受け取り付け方の好例なのですが、ツバメの巣から4mくら下にフン受けがあります。ツバメのフンは巣の真下に落ちるので、この位置でも100%フンをキャッチすることができますし、これだけ離してあればツバメが警戒することもありません。
高幡不動.jpg


続きを読む
posted by ツバメネット管理人 at 22:58| Comment(1) | ツバメのフン受け

2018年05月13日

ツバメ糞受けの歴史

歴代のツバメのフン受けを紹介します。

ツバメの巣の下にフン受けを付けること自体は各地で行われてきたことで、ツバメへの優しい気配りを感じさせるものの、このような残念なフン受けをよく見かけました。善意で作ってくれているのですが、これだとツバメが警戒して、翌年から来なくなってしまいます。
ダメな例.jpg

続きを読む
posted by ツバメネット管理人 at 22:28| Comment(0) | ツバメのフン受け