2016年07月02日

アメリカ大陸の東部と西部で繁殖するツバメは越冬地が異なっている

電波発信機を付けられないような小さなサイズの野鳥の渡りを追跡するジオロケーターという装置があります。北米の5地点で、繁殖しているツバメにジオロケーターを装着して越冬地までの渡りを追跡した研究論文が出たので、ご紹介しましょう。

続きを読む
posted by ツバメネット管理人 at 17:13| Comment(2) | ツバメ研究紹介

ヨーロッパ−アフリカのツバメの渡り

ひとつまえの記事に続いて、今度はヨーロッパとアフリカのツバメの渡りをジオロケーターで追跡した研究をご紹介しましょう。

この研究では、イタリア国内の3地点の繁殖地で2010年と2011年の7月にツバメにジオロケーターを装着しました。その結果、ツバメたちはアフリカのカメルーンを中心とする半径1000kmの一帯で越冬することが分かりました。さらに、この研究では103羽という多数のツバメの行動を分析することで、ツバメの渡りに関する多くの謎を解き明かしました。

続きを読む
posted by ツバメネット管理人 at 17:16| Comment(0) | ツバメ研究紹介

2016年07月09日

コシアカツバメも巣内のヒナが見えるとかわいい

数年前にバードリサーチの会員の方からいただいていたコシアカツバメの写真があったのですが、普通は見えない巣内のヒナが写っていて珍しいので、ご紹介します。

続きを読む
posted by ツバメネット管理人 at 11:18| Comment(3) | 岩-腰赤-小洞-姫雨つばめ

ツバメのたび −5000キロのかなたから−(鈴木まもる)

物語は、ツバメが越冬しているマレーシアからはじまります。

 だれかが ぼくを よんでいる
 いかなければ

続きを読む
posted by ツバメネット管理人 at 18:50| Comment(3) | 図書紹介

2016年07月10日

つばめこうくう (もとやすけいじ)

今年の5月に出版されたばかりのメルヘンなツバメ絵本です。

ツバメは飛行機の胴体部をランドセルのように背負った姿で飛行場に並んでいます。飛行場のビル内には、旅行に出かけるいろんな虫たち。

続きを読む
posted by ツバメネット管理人 at 22:12| Comment(0) | 図書紹介

2016年07月14日

つばめのハティハティ (箕輪義隆・寒竹孝子)

物語の形になっていますが、ツバメの一年の暮らしを解説した教育的な絵本です。お子さんがツバメについて勉強するときの参考書になりそうです。

続きを読む
posted by ツバメネット管理人 at 13:20| Comment(2) | 図書紹介

2016年07月22日

ツバメの巣の下で、また貝殻が見つかりました

ツバメの巣の下で、また貝殻が見つかったという報告をいただきました。

続きを読む
posted by ツバメネット管理人 at 17:38| Comment(0) | 管理人日記